個人・複数台のパソコンデータを移行する「ファイナルパソコン引越し Win10特別版」は、「操作が簡単」「専門知識は不要」「選べる移行方法」
法人向け50台以上のパソコンデータを移行する「ファイナルパソコン引越しenterprise」は、「情シス負担削減」「移行時間短縮」「設定と管理が楽」
AOSデータのデータ移行ソフト「ファイナルパソコン引越しシリーズ」は、「国内の累計販売本数1,100万本の実績」「Vectorプロレジ大賞 データ引越部門賞受賞」「BCN AWARD システムメンテナンスソフト部門 最優秀賞連続受賞の実績」があります。
top_main_banner_001
top_main_banner_002
top_main_banner_003
previous arrow
next arrow

個人・複数台のパソコンデータを移行する
「ファイナルパソコン引越し Win11対応版」

手作業でパソコン間のデータを移行させるには、1つ1つのデータを個別に移行させるため、手間や知識が必要でした。
「ファイナルパソコン引越し Win11対応版」を使用することで、わかりやすい設定方法と簡単な操作で行うことができます。
中小企業で複数台のデータ移行にご利用いただける法人ライセンスもご用意しています。

「ファイナルパソコン引越し Win11対応版」の詳細はこちら
個人・複数台向けの「ファイナルパソコン引越し」は新旧のパソコンにインストールし、ケーブルでつなぎ、画面に従ってクリックするだけで楽に移行できます。

ルールを統一して50台以上のパソコンデータを移行する
「ファイナルパソコン引越しenterprise」

移行プロセスの自動化によりWindows PCのデータ引越しの手間と時間をカットし、大幅なコストダウンを実現します。
「ファイナルパソコン引越しenterprise」は、Windows7サポート終了時に多くの企業でご採用いただき、圧倒的な時間とコストの削減を実現するデータ移行ソリューションとして、大量のパソコンを抱える法人の方に支持されています。

「ファイナルパソコン引越しenterprise」の詳細はこちら

「ファイナルパソコン引越し enterprise」はインストール後、引越しルールを作成し、引越しルールと実行ファイルを各PCから参照すること楽に移行できます。

ファイナルパソコン引越し「enterprise」と「Win11対応版」はどの様な違いがありますか?

「ファイナルパソコン引越し enterprise」は、主に法人を対象としたバージョンで、対象台数の多い(50台以上)場合に向いています。基本的なデータ移行機能は変わりませんが、事前に引越しルールをポリシーマネージャーで定義できます。
また、引越し実行プログラムを各パソコンにインストールする必要がないため、引越し対象台数に比例してメリットは大きくなります。
複数台でも統一されたルールがない場合は、「ファイナルパソコン引越し Win11対応版」をご利用ください。

「50台以上の法人向け「ファイナルパソコン引越しenterprise」と個人・複数台向け「ファイナルパソコン引越し Win11対応版」の違い。